大規模修繕工事コンサルティング


カラーコーディネーターへ配色依頼した実例

 【 2017年11月 】 

マンションの組合さまより大規模修繕工事コンサルティングについてお問合せをいただき、マンションを拝見させていただきました。

先ず目に入ったのは、躯体コンクリートの落下が散見されていたことです。

居住者の方が毎日通る廊下やバルコニーの上裏からもコンクリートが落下しており、比較的大きな幹線道路に面しいることから歩行者の数も多く、最悪の事故が起こり得る危険な状態でした。

 【 2017年12月 】

 BMK現地調査の実施

同月、すぐにでも大規模修繕工事を実施する必要があり、早速建物診断を実施。

・打診調査

・機械調査(コンクリート中性化深度測定、外壁材付着力強度測定、シーリング物性試験)

 

タイルを使用していないため、全体の配色変更を提案させていただきました。


マンションの配色

マンションの模様替えは意見が割れることもあり、初めからカラーコーディネーターによる配色を提案。

 

『(株)ナナラボ(代表 七江 亜紀)』へ依頼させていただきました。

外壁、玄関扉、雨水管、手摺天端から上裏まで塗装可能な場所とエレベーター(シート)など、全てにおいて配色いただきました。


 合成画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

完成した配色画像(合成)


【 2018年 3月 】

参加業者の募集

一般公募は行わず、「管理委託先会社」及び「組合員の皆さま」からの紹介にて募集を実施。

計6社が見積に参加。

 

【 2018年3月 】

参加会社現地調査の実施

実際にマンションを確認。(BMKにて立会い)

 

質疑回答の実施

参加会社より提出された質疑について一斉回答。


【 2018年 4月 】

建物調査診断結果の報告

建物調査の結果とアンケートの結果及び設計工事金額(提示金額)、提案工事及び今後のスケジュールについて説明。

 

 【 2017 4月 】

見積書(1回目)提出

折衝

 見積提出された全ての社と会い、見積書のミスや誤り、また明らかに金額の高い項目等を確認し再度の提出を依頼。


見積書(2回目)提出

 

 

【 2018 5月 】

書類選考会の実施

 

提出された「見積書」、指定シートによる「会社概要」から3社を選出しました。

【 2018年 6月 】

ヒアリング選考会の実施

 

書類選考通過3社による最終の選考会を実施。

各社現場代理人予定者含めての面談や共通質疑や施工管理方法、居住者の皆さまへに配慮、対応などを確認し、施工業者を決定しました。

 

施工業者


工事完了後

 

 

 

白を多く取り入れたことにより以前よりもマンション全体が明るくなりました。

 

自転車置場やポストを新調。