大規模修繕工事コンサルティング


大規模修繕工事コンサルティングとは

大規模修繕工事のコンサルティングは、材料について、工法について、工事の進め方について、そしてそれらの価格など施工会社と同等以上の知識やノウハウがなければ何ら意味がありません。

 

躯体や外壁の老朽化・劣化などは多種ある工法からどれを選べばよいのか、建物の寿命が伸びるのか、資産価値を高められるのか。

 

これらはもちろん、BMKは組合の皆さまが一番利益を得るべき方法を熟知したマンション管理コンサルのスペシャリストとして、長年抱えてきた問題(金銭面など)なども解決に向けたコンサルティングをお約束。大規模修繕工事では主に費用対効果を重視したコンサルティングをいたします。

未来(先)を見据えたご提案

【本当に今やるべきなのか!?】

 

マンション管理のプロとして、その場凌ぎとなるご提案は行いません。非常に大きな支出となる大規模修繕工事だからこそ、「本当に必要な工事なのか」「一時金や修繕積立金を増額してまで必要なのか」等あらゆる角度から調査し、最適な工事提案を行います。

【工事の周期について】

大規模修繕工事周期

 

国交省のガイドラインでは12年に1度となっておりますが、工事を先送りできる状態であれば、図のように「15年に1度」の大規模修繕工事をお勧めします。

(もちろん現状の劣化状態を確認し、立地や風土等環境からも考慮)

1回当りの金額は大きくなりますがトータルで見ると支出を抑えることが出来るのです。

BMKコンサルティングの特徴

【施工業者の参加はオープン】

過去に実施した"組合さまから評価の高かった業者"から複数社募集するほか組合の皆さまからのご紹介や、ご要望があれば広告への掲載(別途費用必要)も行います。

※参加条件は設けます

【見積書は全社共通】

各社が提示する見積書はBMK作成の指定見積書を使用します。

例として「鉄部塗装」を挙げますと、40にも渡る項目1つ1つに見積金額の表記を依頼。「鉄部塗装 一式 ○○○万円!」は禁止しております。

こうすることにより、「なぜA社とB社でこんなに金額が違うのか」が明確となるほか、「ミスの防止」に繋がるのです。そして何より、施工会社を選定される皆さまも分かりやすくなります。