防災対策


防災(災害後対策について

 関東大震災以後、避難訓練が義務づけられているため訓練をされたことが一度もないという方はいないと思います。

 地震は机の下に隠れ、火災はハンカチを口に当て先生の指示に従う、のように覚えているのではないでしょうか。

 冒頭、『国や自治体などで発表されている対策や、防災士教本など幾度となく更新や変更をしています』と言いましたが、皆さんの常識と現在の常識が異なることがあるかもしれません。

地震 その時 10のポイント

≪地震時の行動≫

 1.地震だ!まず身の安全

・揺れを感じたり、緊急地震速報を受けた時は、身の安全を最優先に行動する。

・丈夫なテーブルの下や物が「落ちてこない」「倒れてこない」「移動してこない」空間に身を寄せ、揺れがおさまるまで様子を見る。

【高層階(概ね10階以上)での注意】

・高層階では揺れが数分続くことがある。

・大きくゆっくりとした揺れにより、家具類が転倒・落下する危険に加え大きく移動する危険がある。

 

≪地震直後の行動≫

2.落ち着いて 火の元確認 初期消火

・火を使っているときは、揺れがおさまってから慌てずに火の始末をする。

・出火したときは、落ち着いて消化する。

3.慌てた行動 けがのもと

・屋内で転倒・落下した家具やガラスの破片などに注意する。

・瓦・窓ガラス・看板などが落ちてくるので外に飛び出さない。

4.窓戸を開け 出口を確保

・揺れがおさまったときに、避難ができるよう出口を確保する。

5.門や塀には 近寄らない

・屋外で揺れを感じたら、ブロック塀などには近寄らない。

≪地震後の行動≫

6.火災や津波 確かな避難

・地域に火災の危険がせまり、身の危険を感じたら一時集合場所や避難場所に避難する。

・沿岸部では、大きな揺れを感じたり津波警報が出されたら、高台などの安全な場所にすばやく非難する。

7.正しい情報 確かな行動

・ラジオやテレビ、消防署、行政などから正しい情報を得る。

8.確かめ合おう 我が家の安全 隣の安否

・我が家の安全を確認後、近隣の安否を確認する。

9.協力し合って 救出 救護

・倒壊建物や転倒家具などの下敷きになった人を近隣で協力し、救出・救護する。

10. 避難の前に安全確認 電気・ガス

・避難が必要なときにはブレーカーを切り、ガスの元栓を締めて避難する。

「東京消防庁HPより」

 阪神・淡路大震災以前は関東大震災の教訓から最近までは「地震だ!まず火を消せ!」でしたが現在、都市ガスやLPガスは震度5以上の揺れを感知するとガスの供給を自動で遮断します。かえって熱湯や高温の油が飛び散るなど、けがなどのリスクが高まります。


 現実、大きな地震が発生したら「何もできない」ことがほとんどでしょう。揺れがおさまってから、慌てずに火を消せば良いのです。

          防災家族会議
          防災グッズ

          災害へ備える